事務所デザイン.COM > オフィスレイアウト事例[作品一覧] > ザ・プロアクティブカンパニー株式会社

株式会社ワーク : デザイン作品詳細

クリップとは
space
デザイン会社アクセスランキング3位

デザイン会社概要

所在地 東京都港区芝1-9-6マツラビル3F [地図]
代表者 坪内 雅彦
担当者 問い合わせ担当
設立 1963年4月
業種・業態 オフィス企画設計・内装工事・事務機販売
坪単価 3万円-50万円
デザイン・設計・内装・電気・電話・LAN・引越し

社内風景

過去作品

株式会社ネオ・ユニバース
ビカ・ジャパン株式会社
ネイチャー・ジャパン株式会社
リンカーンエレクトリックジャパン株式会社
株式会社ウィ・キャン
株式会社ダイオーズ
日本ウォーターズ株式会社
株式会社イービーエムズ
ディー・エス・エムジャパン株式会社
株式会社西遊旅行
NEXCO中日本サービス株式会社
ワイヤレステクノロジー株式会社
レッド・ウィング・ジャパン株式会社
ピューラック・ジャパン株式会社
日本カンタム・デザイン株式会社
ポルシェ ジャパン株式会社
株式会社アプローチ・システムズ
NPGネイチャー・アジア・パシフィック
三井・デュポンフロロケミカル株式会社
株式会社プロフェーロ
リンカーンエレクトリックジャパン株式会社
ホグロフスジャパン株式会社
ワイデックス株式会社
マテル・インターナショナル株式会社
株式会社ジーネクスト
イノベイジア株式会社
ニュージーランド航空
VitecGroup
株式会社日本ケアコミュニケーションズ
株式会社ペルソン
カールツァイス株式会社
ステッドラー日本株式会社
合同会社VFSサービシズ・ジャパン
一般財団法人雇用開発センター
株式会社クロス
株式会社ケント
株式会社ツーアール
ヴェ・マンフィス香料株式会社
株式会社セスクワ
ヴェロ・ジャパン株式会社
株式会社デザインネットワーク
space
概要

[ザ・プロアクティブカンパニー株式会社]

東京都中央区 / 東京 / 200坪
ザ・プロアクティブカンパニー株式会社 ザ・プロアクティブカンパニー株式会社 ザ・プロアクティブカンパニー株式会社 ザ・プロアクティブカンパニー株式会社 ザ・プロアクティブカンパニー株式会社 ザ・プロアクティブカンパニー株式会社 ザ・プロアクティブカンパニー株式会社 ザ・プロアクティブカンパニー株式会社 ザ・プロアクティブカンパニー株式会社 ザ・プロアクティブカンパニー株式会社

コミュニケーションスペースには、オープン席以外にも様々な座席を作りました。
窓際にはファミレス席や1人用のワークブースがあり、奥には防音個室も完備されています。

照明は新しくダウンライトを取り付けました。既存の照明もそのまま残していますが、点灯しないようになっています。

コミュニケーションスペースには、オープン席以外にも様々な座席を作りました。
窓際にはファミレス席や1人用のワークブースがあり、奥には防音個室も完備されています。

照明は新しくダウンライトを取り付けました。既存の照明もそのまま残していますが、点灯しないようになっています。

こちらは、奥にレイアウトされている防音個室と会議室です。
グリーン壁の部屋が防音個室です、1人用と2人用の2部屋あります。
すべての部屋に透明のガラス窓がついているので、閉塞感がなく開放的な雰囲気になっています。

こちらは、防音個室の隣にある小会議室です。
壁は、企業カラーの中の最も濃いグリーンとオレンジのクロスを採用しました。

“居るだけで気持ちが明るくなる!と、社員から人気です”との嬉しい感想を頂いているお部屋です。

こちらは、コミュニケーションスペースの奥にレイアウトされている大会議室です。
間仕切りが透明ガラスになっており、さらに窓も多数あるため開放感があります。
窓に元々設置されていた重厚な窓扉はすべて撤去し、開閉等を調整しやすいブラインドに差し替えています。

床は、コミュニケーションスペースと同じ木目調のタイルを敷いています。
壁の木目調クロスは、床のクロスと少し色味が違いますが、木目の方向を合わせて貼っているので一体感があります。
奥の壁のクロスは、企業カラーのグリーンの中でも最も明るいトーンのものを採用しました。

ミーティングテーブルとチェアは、以前のオフィスからの転用ですが、天板のみ空間の雰囲気に合わせて明るい色味のシートを貼りました。

こちらはオフィスの「ベース」となる執務スペースです。
元々キャビネットなどで塞がれていた奥の窓を開放しオープンにすることで、外観の緑が見えるようにしました。
窓に設置されていたロールカーテンは、開閉具合を調整しやすいブラインドに入れ替えています。

中庭が見える窓際には、スタンディングワークができる昇降デスクや傾斜天板デスクを設置したフリースペースを作りました。

こちらは社長室です。
窓から中庭の緑がよく見える、明るく爽やかな空間です。
執務スペースと繋がっている透明ガラスの間仕切りには、グラデーションシートを貼りました。
デスクやチェアは以前のオフィスのままですが、ミーティングテーブルの天板のみ、部屋の雰囲気に合わせて、明るい木目調のシートを貼りました。

こちらは、リフレッシュスペースのつながる通路です。
明るい執務スペースからダークで落ち着いたリフレッシュスペースへ、通る人の気分が自然と切り替わるよう、カーペットと塩ビタイルを組み合わせて床に流れを作りました。

こちらはリフレッシュスペースです。
“スターバックスのような感じにしたい”というお客様からのご要望をもとにデザインした空間は、静かで落ち着いた、気分がリフレッシュできる雰囲気です。

内装は、木目調のクロスで統一感を出しつつ、2種類のモルタル調クロスを貼り分けることで、カウンターを中心としたダイニングとソファを中心としたリビングとに、ゆるりとエリア分けしています。

照明はダクトレールを新しく取り付けてスポットライトを設置しています。

こちらは、リフレッシュスペースの奥にあるリビングエリアです。ダイニングエリアと比較して、よりダークなトーンの内装になっています。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

今回ご紹介するのは、化粧品事業を展開されていらっしゃるお客様のオフィスデザイン事例です。

“現在シェアしている3社のうちの1社が退去するため、オフィスを全面リノベーションしたい”とのお問い合わせをいただき、弊社にてお手伝いさせていただくこととなりました。

「オープンで有機的なオフィス」をテーマにデザインした200坪の空間は、3つゾーンがそれぞれの役割に沿った機能性とデザイン性を兼ね備えつつ、全体として自由で風通しの良いワークプレイスにまとまりました。

“フレキシブルで開放感のあるオフィス空間を作りたい”とお考えの方にぜひご参考にしていただきたいオフィスデザイン事例です。