事務所デザイン.COM > デザイン作品を探す [ 作品一覧 ] > 株式会社タトル・モリエージェンシー

株式会社ワーク : デザイン作品詳細

クリップとは
デザイン会社アクセスランキング1位

デザイン会社概要

所在地 東京都港区芝1-9-6マツラビル3F [地図]
代表者 坪内 雅彦
担当者 問い合わせ担当
設立 1991年11月19日
業種・業態 オフィス企画設計・内装工事・事務機販売
坪単価 3万円-50万円
デザイン・設計・内装・電気・電話・LAN・引越し

社内風景

過去作品

株式会社ネオ・ユニバース
ビカ・ジャパン株式会社
ネイチャー・ジャパン株式会社
リンカーンエレクトリックジャパン株式会社
株式会社ウィ・キャン
株式会社ダイオーズ
日本ウォーターズ株式会社
株式会社イービーエムズ
ディー・エス・エムジャパン株式会社
株式会社西遊旅行
NEXCO中日本サービス株式会社
ワイヤレステクノロジー株式会社
レッド・ウィング・ジャパン株式会社
ピューラック・ジャパン株式会社
日本カンタム・デザイン株式会社
ポルシェ ジャパン株式会社
株式会社アプローチ・システムズ
NPGネイチャー・アジア・パシフィック
三井・デュポンフロロケミカル株式会社
株式会社プロフェーロ
リンカーンエレクトリックジャパン株式会社
ホグロフスジャパン株式会社
ワイデックス株式会社
マテル・インターナショナル株式会社
株式会社ジーネクスト
イノベイジア株式会社
ニュージーランド航空
VitecGroup
株式会社日本ケアコミュニケーションズ
株式会社ペルソン
カールツァイス株式会社
ステッドラー日本株式会社
合同会社VFSサービシズ・ジャパン
一般財団法人雇用開発センター
株式会社クロス
株式会社ケント
株式会社ツーアール
ヴェ・マンフィス香料株式会社
株式会社セスクワ
ヴェロ・ジャパン株式会社
株式会社デザインネットワーク
概要

[株式会社タトル・モリエージェンシー]

東京都千代田区 / 神保町 / 翻訳出版権の仲介、海外テレビ番組配給 / 131坪
梅田眞世 大橋  聖
株式会社タトル・モリエージェンシー 株式会社タトル・モリエージェンシー 株式会社タトル・モリエージェンシー 株式会社タトル・モリエージェンシー 株式会社タトル・モリエージェンシー 株式会社タトル・モリエージェンシー 株式会社タトル・モリエージェンシー 株式会社タトル・モリエージェンシー 株式会社タトル・モリエージェンシー 株式会社タトル・モリエージェンシー

エレベーターホールには水磨き仕上のライトストーン材と年輪ブロックを敷き詰めた天然素材を活用したエントランス・ファサードに仕上げています。

エレベーターホールには水磨き仕上のライトストーン材と年輪ブロックを敷き詰めた天然素材を活用したエントランス・ファサードに仕上げています。

エレベーターホールには水磨き仕上のライトストーン材と年輪ブロックを敷き詰めた天然素材を活用したエントランス・ファサードに仕上げています。

エントランスを抜けると左側にはオフィススペースが広がり、奥には各会議室へ続く通路があります。
通路部分は天井を下げて木目調の壁紙クロスを貼り、グレアレスのダウンライトを設置しています。

キャラクター部署仕様の会議室Aです。
壁面の2面には造作棚を作成し、ムーミン関連のグッズを展示しています。

隣の会議室Bとの間にはスライディングウォールを採用し、用途に合わせて開閉が可能です。
また、スライディングウォールの表面にはトーベ・ヤンソン(ムーミンの作者)の絵本を1ページ切り抜いたグラフィックシートを貼り、まるで絵本の中に入り込んだような印象を与えてくれます。

キャラクター部署仕様の会議室Bです。
こちらの面のスライディングウォールにはムーミン谷の森を歩くムーミンが可愛らしいグラフィックシートを使用しています。
壁面には造作棚を製作し、ムーミングッズやムーミンとコラボしているアパレル商品を展示しています。

児童書部署の会議室Cです。
室内には沢山の児童書や絵本が展示・収納されています。
目的に合わせてテーブルを移動し、4名〜8名の会議を行う事ができます。
ワンポイントとしてチェアのカラーに合わせてセージカラーの空間で爽やかな空間になっています。

▼この作品のその他の写真

▼この作品のコンセプト

タトル・モリエイジェンシー様は海外と日本の出版・映像およびキャラクターライセンスビジネスを結ぶ、出版界の老舗です。
2011年移転プロジェクトを実施後、業務拡大やスタッフの増員による増床プロジェクトを2015年に実施。
今回は2回目のプロジェクト担当となります。
当時のオフィスコンセプト『北欧デザイン』を継承しながら増床フロアーではゆったりとした落ち着いたコーディネイト、デザインになっております。
また、各会議室に関してはムーミンのショールームを兼ねた部屋があったり、書籍の著者を招いてのリラックスできる部屋であったり、部屋毎の雰囲気を変えて訪れた方を楽しませるオフィスデザインとなっております。